道路・橋梁整備工事

補強土壁

アデムウォール工法

建設技術審査証明書 第1103号
NETIS(新技術情報提供システム)登録番号: KK-020061-V
【平成23年度活用促進技術(新技術活用評価会議(中国地方整備局)】

※土木研究センターからマニュアルが発刊

アデムウォールはコンクリートパネルによる壁面材(外壁)とジオテキスタイル「アデムⓇ」で補強された補強盛土壁による、二重構造を持つ補強土壁工法です。

直壁タイプ 施工例

道路用地などの制約がある箇所での適用に有効です。

壁面後施工タイプ

壁面勾配を1:0.1~0.5程度まで自由に変化させることが可能です。
既存のブロック積擁壁や地山とのすりつけに有効です。

ユニットキャップ工法

地球環境に配慮した自然と調和した斜面を創造します。

ジオグリッドを盛土内で敷設、壁面部に法面ユニット(鋼製枠形式)を設置し、連結金具で連結することで、壁面が1:1.0より急勾配な盛土を構築することができます。

またジオグリッドを全面に敷設し、土をしっかりと拘束するため、盛土材料の適用範囲が広く、現地発生残土を有効利用することが可能です。

更に壁面部の緑化が可能であるため、擁壁などのコンクリート構造物と比較して、壁面の表面温度が低く、地球温暖化防止工法としても現在注目されています。

Copyright © 2015 コサカ建材株式会社 All Rights Reserved.
コサカ建材株式会社
〒453-0834 愛知県名古屋市中村区豊国通6-9
TEL:052-482-5821 FAX:052-482-5847

pageup