維持・補修工事

連続繊維補強材

アラミド繊維

(財)鉄道総合技術研究所認定工法「A&P耐震補強工法」用材料

概要

アラミド繊維シートは、強靱・柔軟でフィラメントが折れにくいなどの特長をもつ、アラミド繊維を用いたコンクリート構造物の補修・補強用繊維シートです。既設コンクリート部材に接着、さらに含浸接着樹脂により繊維間を結合し補強します。FRP(Fiber Reinforced Plastic)の形成により鉄筋量を増加させたのと同じ効果を発揮します。
有機繊維で非導電性のため磁場による影響や電気障害を起こしません。

特長
  • 非導電性で鉄道・地下鉄・電気室等電気事故が懸念される現場での施工に最適です
  • 2方向に繊維を配し、1回の貼付けでタテヨコ2方向を補強します(2方向タイプ)
  • 施工性に優れ、重機の使用もなくオフィスなどの「居ながら施工」も可能です
  • 化学的安定性に優れ、塩害対策、耐酸・耐アルカリ対策としての補修・補強に最適です。
適用例

1方向タイプ

鉄道、道路橋橋脚、建築物柱の耐震補強、橋梁桁、建築物梁、建築物スラブの補強床版の耐久性向上

2方向タイプ

トンネル覆工剥落防止
コンクリート高架橋補強
コンクリート構造物のひび割れ、剥落対策

炭素繊維(カーボン繊維シート)

概要
  • 200g~300g目付品はダブルメッシュ構造でカーボン繊維の直線性と樹脂含浸性を向上させています
  • 400g~600g目付品はニットタイプで良好な樹脂含浸性を示します
特長
  • 200g~300g目付品はダブルメッシュ構造でカーボン繊維の直線性と樹脂含浸性を向上させています
  • 400g~600g目付品はニットタイプで良好な樹脂含浸性を示します
適用例

道路橋橋脚・建築物柱の耐震補強
橋梁桁・建築物梁・建築物スラブの補強
床版の耐久性向上

Copyright © 2015 コサカ建材株式会社 All Rights Reserved.
コサカ建材株式会社
〒453-0834 愛知県名古屋市中村区豊国通6-9
TEL:052-482-5821 FAX:052-482-5847

pageup