維持・補修工事

側溝修繕(W²R工法)

NETIS(新技術情報提供システム)登録番号:SK-050002-V

W²R工法は、既設現場打側溝の上部損傷している部分を専用カッター(W²Rカッター)によって側溝内側より切断した後に、プレキャスト製の蓋を設置し側溝をリニューアルする工法です。

現在、歩道の高さが車道より高くなっている箇所が多く、その段差を解消するため歩道を低くする工事が全国各地で始まっています。これに伴って歩道脇の側溝を切り下げる工事も必要となってきました。国土交通省が制定した「道路の移動円滑化整備ガイドライン」では、車道からの歩道の高さを標準で5cmと定めています。

特長
  • 既設歩道や民地、周辺住民などに対して影響が非常に少ない、環境に大変やさしい工法です。
  • W²Rカッターの断面は平滑で、切断後にPca蓋を設置することで施工性に優れ工事期間の短縮が図れます。
  • W²Rカッターは側溝を傷めることなく、内側より切断できます。従来工法のハツリ作業の3Kを改善します。
  • W²R側溝蓋は、施工性に優れます。
  • W²R側溝蓋は、歩行性、排水性に優れます。

  • 店舗や住宅地などの車の乗り入れが多い場所は、老朽化した側溝の破損が見受けられます。
  • W²R工法を使うことで、側溝本体を取り替えることなく短期間で工事を行うことができます。

『作業の省力化』で『即日解放』・『工期短縮』

蓋受けの現場打ちや側溝の入れ替えなど従来の工法では作業工程が多く、コンクリートの養生、品質の確保など施工日数がかかり交通渋滞や歩行者や近隣の住民に対し、環境面においてさまざまな影響を与えておりした。従来工法を根底から見直し、余計な作業を極力省き大幅な工期短縮を可能にしたのが『W²R工法』です。道路の交通規制方法にもよりますが、縦断部で規制する場合は施工延長12m程度は可能ですし、道路横断部で片側交互規制の場合は片側3mづつで合計延長6m程度で、通行止めの場合は10m程度は即日開放が可能です。
現場通行条件、施工条件により変動し、用いる蓋版の種類(鋼製かCo製)によっても多少の差異があります。

適用例

①民地側に壁等が接近しており、既設側溝取り壊しの際、壊れる恐れがある場合。
②店舗等の乗り入れ部が多いため、迷惑を掛けないようにできるだけ短期間で施工しなければならない場合。
③民家、店舗等が工事場所に近接しているため、既設側溝取り壊し時に環境問題となる騒音・粉塵を極力減らしたい場合。
④歩道部の幅員が狭小であり、工事中に歩行者や自転車の影響をできるだけ少なくしなければならない場合。

Copyright © 2015 コサカ建材株式会社 All Rights Reserved.
コサカ建材株式会社
〒453-0834 愛知県名古屋市中村区豊国通6-9
TEL:052-482-5821 FAX:052-482-5847

pageup