砂防・法面・斜面防災工事

獣害対策

猪を防ぐ(鳥獣侵入防止柵)

イノシシによる農業被害は、獣害の中でも最も深刻なものの一つでしょう。
電気柵は効果的ですが、被害が多いだけにシビアな管理が要求されます。
それでも、個人の畑なら電気柵も十分有効です。
地域を囲う様な場合には、耐用年数、対イノシシ強度に優れた金網、中でも大型亀甲金網が最強です。

大型亀甲金網

イノシシに対する防除機能という点においては大型亀甲金網が最強の選択であると自負しています。高さについてはイノシシが1.2mを飛び越えるという有名な実験がありますが、これは徐々に警戒を解き、高さも少しずつ変えていったという特殊事例であり、常に警戒しながら侵入しようとするイノシシの防除柵は通常1.2mで間に合います。もっとも周りの地形などから飛び越えやすいような場合は、多少余裕を見るべきでしょう。

エックスフェンス

格子型金網の中でも、網目のズレが比較的生じにくいのがエックスフェンスとソリッドロックです。どちらも適度な強度で、亀甲金網よりも線量が少ないため軽量というメリットもあります。
端末やコーナーに太い杭を使用し、網を強く緊張して施工すると頑丈な柵が出来上がります。

大型亀甲金網+マルチフェンス

シカ防除柵を兼ねる場合
イノシシのいる場所にはシカもいることは珍しくありません。シカ対策も兼ねるとなるとフェンス高さは2m前後となり、線量の多い大型亀甲金網では重量・コストが嵩みます。そして、イノシシの攻撃は、数10cmの高さまでに限られることを考えれば、上部に頑丈な亀甲フェンスを使用するのはもったいない、ともいえます。
そこでシカ防除を兼ねる場合には、左写真のようにいいとこ取りで、亀甲フェンス+マルチフェンスの2段張りが最高のコストパフォーマンスを発揮します。

鹿を防ぐ(鳥獣害侵入防止柵)

イノシシと並んで、獣害の代表ともいえるシカ害。
地域的な対策としては、やはり金網が優れてており、イノシシの心配がないのであれば亀甲金網を使うまでもありません。また樹脂ネットでも一定の効果が期待できます。
イノシシ対策を兼ねる場合は亀甲、又は亀甲+マルチもおすすめです。

ソリッドロックフェンス

格子フェンスは高さに応じて網目の大きさが異なり、線量・重量を減らすことが出来るので経済的です。 中でもソリッドロックフェンスは、ズレ強度も約600Nあり、シカ用フェンスとしては必要十分。 端末やコーナーに頑丈な支柱を要する代わりに、ネットを強く緊張して張れるため、中間支柱の間隔は積雪1mの条件下でも5m~7.5m程度まで広げられ、支柱数も大幅に減少可能です。 写真は木柱仕様で重機を使った施工ですが、鋼柱を使った人力施工も可能です。
※エックスフェンスもソリッドロックフェンスとほぼ同等の性能・機能です。

防鹿ネット(ステンレス入り樹脂ネット)

樹脂ネットは設置の簡単さが売り、弱点は強度・耐用年数です。特に積雪地では冬季間には撤収しなければならず、設置が簡単といっても毎年2回の作業となると、結構な手間になってしまいます。秋春の撤収、再設置の手間を大幅に緩和するシステムをご提案しています。

マルチフェンス

ソリッドロックやエックスフェンスよりも結束部のズレ強度はありませんが、シカはイノシシのようにフェンスに噛みついて引っ張るという行動はとりませんので、イノシシの少ない場所でのローコストなシカ柵としては満足な効果を得られます。

猿を防ぐ(鳥獣害侵入防止柵)

サル対策に電気さくはほとんど必須といえます。
金網の上に電気柵を張るのが定番ですが、この構造は特許であり、「日本電気さく協議会」会員の使用許諾が必要です。
「瞬時に柵を登れるサルをいかに感電されるか」がサル防除の課題です。

大型亀甲金網+電気柵

サル柵の定番ともいえる金網プラス電気柵。
金網は樹脂ネットに比べて形が安定しますので、サルは支柱以外の場所でも素早く駆け上がります。そのため、電気さく部分に長くとどまるよう、忍び返し状に、立体的に電気さくを配置しています。 写真は大型亀甲金網ですが、ソリッドロックフェンスを使用する場合もあります。

金網+電気柵+ネット・シート

ネット・シートいずれも電気さくに確実に触れさせるための工夫です。
ネットはだらしなく張っているように見えますが、実は網が不安定な方がサルがもたつき効果的です。

金網+電牧ネット+電牧ネットポール

発売以来ご好評をいただいている電牧ネット。
緑色部分に電気を流し、漏電対策として写真のように下部に金網を張っています。(写真は大型亀甲)

金網+電牧ネット+グラスポール

金網用の杭に抱かせる形で電牧ネットのポールを柔らかいグラスポールにすれば(写真右)、同様の効果が得られ、サルがもたつく間に感電する可能性が高まります。
強度・耐用年数では電牧ネットポールに劣りますが、網が一段と不安定な分、機能は同等以上の可能性もあり、コスト的にもお薦めの柵です。
Copyright © 2015 コサカ建材株式会社 All Rights Reserved.
コサカ建材株式会社
〒453-0834 愛知県名古屋市中村区豊国通6-9
TEL:052-482-5821 FAX:052-482-5847

pageup